CIO Loungeメンバーが、企業のITリーダーに向けて「経営とITの架け橋」となる知見・助言をリレーコラム形式で発信しています。

本記事は、デジタルビジネスを加速する専門情報サイト「IT Leaders」の定期コラム「架け橋 by CIO Lounge」に連載されています。
詳しくはこちら
https://it.impress.co.jp/search/author/CIO%20Lounge

経営戦略としてのセキュリティ─グローバル企業が直面する課題と解決策新着!!

 海外に子会社や取引先を持ちグローバルに事業を展開する企業のセキュリティ環境は、不確実性を増しています。実際にサイバー攻撃により事業が停止するなどの被害も発生しています。最近の国際情勢を踏まえて経済産業省などがサイバーセキュリティ対…

著者
CIO Lounge正会員・東本 謙治
続きを読む
「変化対応=成長」IT部門のSEからITコンサルタントへの道のり

 筆者は現在、ITコンサルタントとして活動しています。最初からそうだったわけではなく、一般企業のIT部門がキャリアのスタートでした。以来45年、大変な思いもしましたが、さまざまな機会や運に恵まれて今日に至っています。ここではそんな筆…

著者
CIO Lounge正会員・井上 尚
続きを読む
今、求められるIT部門の役割をその変遷から考える

 皆さん、こんにちは。私は1980年に精密機器や測定機器、医療機器などを製造する島津製作所に入社し、44年間、同社で勤務してきました。さまざまな職務を担った中で最も長いのがIT部門であり、在籍年数は累積25年に及びます。この間、IT…

著者
CIO Lounge正会員・馬瀬 嘉昭
続きを読む
皆さんの大規模プロジェクトは順調ですか?

 プロジェクトは生き物で、1つとして同じものはありません。ゆえに私たちは大きな失敗を起こさないようにプロジェクトマネジメントを勉強し実践経験を積みます。しかし、それでも失敗するのはなぜでしょうか。  私は1989年松下電器産業(現パ…

著者
CIO Lounge正会員・三好 力
続きを読む
外部委託から内製へのシフトは時代の要請、IT部門は慎重かつ大胆に準備しよう

 邦銀、特に大手銀行におけるオンラインシステム(勘定系システム)は、昭和40年代に導入された第1次オンラインから昭和末期に構築された第3次オンラインに至るまで、主に内製で開発されました。ここで内製とはシステム化の要件だけでなく、シス…

著者
CIO Lounge正会員・滝沢 卓
続きを読む
海外で感じたITに対する考え方の違いと「強いプロセス構築」の必要性

 私は以前、大手電器メーカーにおいて国内外の事業所の業務改革とIT導入を担当していました。海外での勤務も多く、自社・他社を問わずさまざまな外国人の方々とコミュニケーションする機会に恵まれました。そんな方々との何気ない会話の中で、IT…

著者
CIO Loung正会員・井本 滋久
続きを読む
ICTで変わる職場・事業環境とセキュリティ

 ICT(情報通信技術)という言葉は、2000年から徐々に広がり、今では一般的に使われています。私は、2003年からこの分野を担当していました。主業務は、社内で個々に運営していたメールシステムを、お客様に向き合うためにブランドを意識…

著者
CIO Lounge正会員・中西 秀明
続きを読む
新しいテクノロジーと共に、“be ambitious”マインドで!

2023年3月、ニッポンハムグループは北海道北広島市に、北海道日本ハムファイターズの新球場「エスコンフィールドHOKKAIDO」(写真1)を核とした「北海道ボールパークFビレッジ」を開業しました。「自分たちの町にボールパークを建設し…

著者
CIO Lounge正会員・田口 稔
続きを読む
実践を通じた人材の育成がDX推進のカギ

 デジタルトランスフォーメーション(DX)という言葉が一般的になり、あちこちで使われてもいます。にもかかわらず、Transformationという意味合いの改革が進まないのはなぜでしょう?  情報処理推進機構(IPA)が発刊した「D…

著者
CIO Lounge正会員・岸本 満
続きを読む
一般企業こそIT/デジタル人材の育成を急ごう!

 私は2018年、長年勤務したNTTデータから日立造船にIT・デジタル担当として転職しました。今回はその経験から得た想いについて書きます。「IT企業と一般企業の関係を再構築する」「一般企業こそIT/デジタル人材の育成を急ぐ」の2点が…

著者
CIO Lounge正会員・橋爪 宗信
続きを読む
リーダーとしてどう振る舞うべきか

私は1980年に土木技術者として建設会社に入社しました。2002年から社内のIT部署に異動し、2008年からは全社のITを担当することになりました。土木・技術部門では主にエンジニアとして、IT部門では主にマネジャーとして過ごし、社内…

著者
CIO Lounge正会員・柄 登志彦
続きを読む
ITの徹底活用には「仲間づくり」が最重要

 もはや言い尽くされた感もありますが、近年、ビジネス環境は急速に変化し、ITの役割はますます重要性を増しています。このような環境の中で、企業はITを徹底活用して経営改革、事業改革、業務改革を成功させる必要があります。そのためには技術…

著者
CIO Lounge正会員・黒田 勝也
続きを読む
情報漏洩防止に資する「人間系対策」の薦め

 情報セキュリティの強化は、現在のIT部門が直面する重要課題の1つでしょう。IT Leadersのような企業IT専門メディアには、ランサムウェアや標的型攻撃メールといった不正アクセス対策として、侵入防止・不正侵入検知システムやサイバ…

著者
CIO Lounge正会員・山内 憲二
続きを読む
あふれる情報と向き合う“情報的健康”のススメ

私は、ほぼ一貫して情報セキュリティ分野の仕事に従事してきました。サイバー攻撃に対して情報の漏洩・改竄を防御する、あるいはシステムを利用したい時に利用できるよう可用性を確保するなど、情報・データやシステムの防護に関する役割を担ってきま…

著者
CIO Lounge 正会員・四本 英夫
続きを読む
情報システム部門が向かうべき方向とERP活用を考える

 一般企業の情報システム部門は、千差万別という言葉が当てはまると思えるほどいろいろな在り様があります。しかし経営や事業に貢献するIT/デジタルを担うという存在意義は共通であり、筆者自身の経験からもあるべき情報の姿は一定の枠に収まると…

著者
CIOLoung正会員・山本 浩平
続きを読む
情報システム部門を「DX部門」に変革するための処方箋

 “デジタルトランスフォーメーション(DX)”という言葉が、当たり前のように企業の生き残りに必要なものとして、認知されるようになってからほぼ5年。この間、あいまいな概念である“DX”をどう定義づけし、誰が推進するのかについて、各企業…

著者
CIO Lounge正会員・峯川 和久
続きを読む
大和ハウスが「DXアニュアルレポート」を発行する理由

 大和ハウス工業は、2016年度から「ITアニュアルレポート」を発行しています。当初は社内や関係者向けに資料として配付していましたが、2020年度版はIR情報として初めてコーポレートサイトに掲載しました。2021年版ではそれまでの印…

著者
CIO Lounge正会員・松山 竜蔵
続きを読む
大学の経営統合から展望するイノベーションのあり方

 先日、母校である東京工業大学の同窓会に出席し、私の2年先輩である益一哉学長と話す機会がありました。東工大は現在、東京医科歯科大学との統合を進めています。よく大学の統合は少子化に伴う学生数減少への対応と言われますが、益学長はそれ以上…

著者
CIO Lounge正会員・峯尾 啓司
続きを読む
社内のDX人材をどう育成するか─攻めと守りの両軸で考える

 よくDX人材の育成について質問を受けます。それを考える上ではデジタルトランスフォーメーション(DX)の定義が重要です。大きく分けると、「守りのDX(プロセストランスフォーメーション)」と「攻めのDX(ビジネストランスフォーメーショ…

著者
CIO Lounge正会員・藤城 克也
続きを読む
「相手を尊ぶ」、それがSCMの本質

 サプライチェーンマネジメント(SCM)は「経営改革」であり、その根幹は「業務改革」にあります。CIO の方々の大きな役割の1つである「業務改革」の参考になればと思い、この記事では、私のSCMの原点となったスウェーデンの販売会社にお…

著者
CIO Lounge正会員・本田 隆一郎
続きを読む